月別アーカイブ: 2016年11月

半端じゃない量のピーマンを食べつくすために

我家の奥さんがまたしても直売場へ出向いて仰山のやさい類を買ってきたんですけど。
本日は、ピーマンの価格が目茶目茶安かった様で、半端じゃない量のピーマンが冷蔵庫の野菜いれの中に押し込まれています。
又今日からピーマン中心の食生活になってしまいそうなのです。
僕は、ピーマンのことが嫌いではないのだけど、こども達はピーマンが嫌いなのです。
うちの子達は冷蔵庫の野菜庫の中に押し詰めこまれてある途方もない数のピーマンをながめて、暫し固まっていました。
その数を数えてみたのですが58ケも突っ込まれてました。
いくぶん大きめの野菜ルームなのですが、1/4程はピーマンが隙間なく詰まっていました。
何ゆえにうちの妻の買物はこんなにめちゃめちゃ極端なんだろう。
食品材料のバリエーションが偏るっていうことは、栄養分がかたよるためうちの子がメチャメチャ可愛そうです。
やむなく、いつものようにケータイを使ってピーマンをもちいたレシピをチェックしました。
探すと簡便な料理法が沢山出てきました。
ピーマンのソテーや甘長ピーマンと鶏肉のスパイシー炒めなんかは目茶目茶美味そうなのです。
ピーマンはひき肉と一緒に調理すると滅茶滅茶おいしいんよね。
息子たちだって恐らくだいすきになるんじゃないかと思っています。
あじも桜味噌とかスイートチリソースであるのなら食するのかもしれません。
さしあたって当夜、丸ごとピーマンのピリ辛蒸し、ピーマンのきんぴら、そんで牛肉とピーマンの味噌炒めを料理する予定なのです。
これらの料理ならたぶん口に入れてくれるって思います。
あくる日、甘長ピーマンと鶏肉のスパイシー炒め、ゆで卵のピーマンカップ焼き、ピーマンとふわふわたまごの炒め物、それと牛肉とピーマンの炒め物などなど作ってみたいと考えてたりします。
何としてもこのただならない量のピーマンを食べ尽くさなければ腐ったら勿体ないんで。
我家の家内にたいしては買いもののやり方に関してちょっとでいいので一考してみて欲しいと思います。