翌週の日曜日に近くの八百屋さんにて

近頃は、鶏モモ肉ばかり食って、牛もも赤身肉を用いる惣菜は調理していないのです。
価格が高い三田牛を食べたいとは言わないけれど、ここんところはアメリカ産の牛もも赤身肉でさえ売り値が高くなり、我家の奥さんが買う事を嫌がっているみたいなんです。
ですが翌週の日曜日に近くの八百屋さんにて牛もも赤身肉の還元セールをやることが分かりました。
やはり、毎回のごとく家内は買い求めに行く気満々の様子で、二日前の夕方よりエラくはりきっております。
できたら従来の感じで、2~3kg近く購入してきて貰いたいってところです。
例えば、それほどの量を購入してきてもらえれば、何日にも及んで牛もも赤身肉を使用するめしを作ることが出来ると思います。
ひさし振りに牛肉とアスパラのにんにく醤油炒め、生ハムとアスパラガスのインボルティーニ、それからごぼうと牛肉のスパイシー炒め、トマトと牛肉のオイスターソース炒めなど作ってみようと考えてます。
そんでもって、牛肉とオクラのオイスター炒め、牛肉のビール煮、そんでもって牛肉とししとうの炒めものも作ろうかなって思ってたりします。
嫁の大量買いにおいては普段から苦労させられているのだけれど、このたびの特売はわたしもエラくワクワクしてます。
農産物にしてもアスパラガスやフダンソウなどがものすごくおびただしい量が残ってて、このたびのタイミングに多く使用してみようと考えています。
子供たちが大好物の、春菊と牛肉の彩りエスニック炒めとさつまいもと牛肉の炒め煮などもぎょうさん作るって話したら、すさまじく喜んでいました。
冷蔵庫の野菜いれに残っている鶏モモ肉も用いて、これまでよりもさまざまなごはんを作ろうと思っています。