最近、こどもがとりの笹身を気に入っているんで

最近、こどもがとりの笹身を気に入っているんで、料理方法を探して何回も調理します。
せがれたちというと、脂肪分たっぷりの鶏モモ肉をよく食べるもので、群馬県産鶏もも肉のアスパラ巻き照り焼き、若芽ひじきと鶏モモ肉のレモン炒め、鶏もも肉のくわ焼き、あと鶏もも肉の角煮風なんか繰り返し料理していたわけですが、鶏の笹身みたいに淡白な食物を用いたおかずなんかもいっぱい食べてくれるのがわかり、さきざき料理するごちそうのバラエティも豊富になりそうです。
こども達がよろこぶように、既にたくさんの調理法を探しています。
たとえば、梅とささ身の和風パスタ、鶏ささ身のマスタード焼き、ささ身とわかめのしょうがあえ、そしてひき肉とささみを混ぜるのがコツ!、レンジで簡単ナスと鶏ささみの玉ポンドレッシングがけなどはむすこたちもよろこぶんじゃないかなと考えてます。
それに、鶏ささみとミニトマトのゴママヨサラダ、えのきだけのヘルシーささみ巻き、鶏ささ身のクリーム煮、そしてささ身のソテーねぎソース、白菜とささみの和え物なんかはうちの子もおおく食べてくれるって思ってます。
しかし、ボクが作ってるのは朝飯のみであるから、鶏のささみは下拵えするのに手間が取られてしまって、違った食事をいっぱい調理できません。
とりのささみの下拵えをちょっとでいいので迅速にして飯を作れる様になりたいと思います。
可能であるなら、仕事場に出社する前に昼メシの食事も料理しておけば、妻の感情だってもっとよくなるだろうって思うので、ちょっとでいいので頑張ろうかなって考えています。

コメントはまだありません。

コメントする