料理をつくる場合日頃よりめんどくさいと思っている食品というのは

料理をつくる場合日頃よりめんどくさいと思っている食品というのは、春菊などのようなはっぱを洗浄することが大事な農産物なんです。
春菊ははっぱをピカピカにしないと虫とか農薬が気になってしまうから、下準備に結構手間が掛かってしまいます。
葉っぱのやさいでも断然面倒臭いと考えるのがコマツナなのです。
葉っぱがぺらっぺらでものすごく洗いにくいし、葉っぱの枚数も多数あるので汚れを落とすだけで手間がかかっちゃいます。
ところが、うちの家内はコマツナが好物なんで、いつも野菜いれの中にたくさんはいっているため、週に何度も料理しています。
冷蔵庫の野菜ルーム内に常日頃使用されずにほったらかされてるニラやエリンギといった残りやさいなんかも使わないとダメなので、毎度異なる惣菜を作ってるんです。
繰り返し調理するのが豚肉と小松菜のあんかけ焼きそば、小松菜と天かすの煮びたし、小松菜のカリカリしらす炒め、そんでもって小松菜とエリンギのペペロンチーノソテー、鶏肉と小松菜のお雑煮ですけど、小松菜の福神マヨあえ、厚揚げと小松菜のごま味噌炒めなんかも事あるごとに作ります。
ここんとこ、小松菜と油揚げの甘辛きつね煮、小松菜と豚肉の煮びたし、小松菜の納豆あえ、うまみ・栄養たっぷり!小松菜と鮭のマヨホイル焼きなどおいしそうだなって考えた料理法も探し当てたんで、今後料理してみたいかなって考えています。
せっかく苦労をして下拵えを行なうんだから、多種多様なご飯を調理しないと勿体無いかなと考えちゃうので。

コメントはまだありません。

コメントする