半端ない数のジャガイモは

またも我家のかみさんが普通でない数のじゃがいもを購入してきました。
ジャガイモや玉ねぎなどを保管してる常備野菜箱がてんこもりになって、下側に入れられたさつま芋が圧し潰れそうです。
アバウトなうちの嫁は野菜籠にじゃが芋とタマネギと里芋なんかを一緒くたに抛り込んでました。
我家の家内が毎週買い物をする商店街はたまにやさいを安価に訳が分からないくらいの数をうりに出す様でそれを見た我家の嫁はいつものように半端ない数を購入してきます。
とは言ってもこれほどまでに半端ない数のジャガイモはどの様に処分したらよいか悩んでいます。
何はともあれ近所で居住する親戚とか、義姉、従兄弟にあげようと考えています。
さいわいむすことむすめはジャガイモが好きなんで、またぞろじゃがいもをもちいた調理方法をインターネットにて検索してみました。
そしたら、易しいジャガイモのおかずの調理方法がわんさかとHITしました。
さしあたって本日はポテトポタージュ、カリッとフライドポテト、新じゃがと牛肉の重ね焼き、あと若鶏とじゃがいものローストなど作ろうかなと考えてます。
いつもの様に翌日に調理する料理法も探してみました。
チェックしたところ、鶏ささみポテトフライ、じゃがいもとひき肉のカレー炒め、じゃがいもと鶏肉のトマト煮、それと鶏肉とじゃがいもの七味炒めなんかが美味しそうなので調理してみようって考えています。
けれど傷み始めるまでの9日くらいで食いつくせるかなと不安です。

東大寺に行ってきました。

先日、奈良の東大寺に行ってきました。
東大寺って思っていたよりもずっと大きくてびっくりしました。
木造建ての建物としては世界一大きいそうで、確かに大きいなって思いました。
奈良公園から東大寺に入って、最初に大仏殿が見えた場所から、大仏殿までの距離って結構あるんですよね。実はこれだけ敷地が広い寺ってはじめて見たのでそれも感動ものでした。
しかもすっきりとしていて、ある意味気持ちよかったです。
京都にある寺とかは、境内にいろんな建物がたくさんありますが、ここは京都の寺とは対照的に土地の使い方が贅沢な印象を受けました。
大仏殿に入ると、いきなり大きな奈良の大仏がお出迎えです。
すごく大きく、こんなのが奈良時代に作られたなんてちょっと驚きです。(現在の大仏は江戸時代に再建されたもののようですが)
手をあわせてお願いした後、周りを一周してから奈良公園に戻っていきました。たくさんの鹿たちが鹿せんべい欲しさに、またもや群がってきました。(^^)
奈良観光に行ったら東大寺は必見ですね。

神戸市の灘区観光なら坂バスが便利

摩耶山掬星台って知っていますか?日本三大夜景と呼ばれる六甲山の夜景ですが、摩耶山掬星台から見たものが三大夜景の一つとされています。もちろんおすすめの神戸観光スポットです。

六甲山の夜景はどこから見ても美しいですが、やっぱり日本三大夜景と言われているだけに格別なものがあります。

この摩耶山掬星台に行くには、車か摩耶ケーブルを使うのが一般的です。ところが摩耶ケーブルの駅は電車の駅からみるとかなり高台にあり、歩いて行くのはかなりの重労働です。

そこで使えるのがこの坂バスです。JR灘駅から阪急王子公園駅南を通って摩耶ケーブルの駅まで運んでくれます。

小さく可愛いバスが、一時間に3本も運行しています。

摩耶山掬星台へ行くならこの坂バスがとても便利だと思います。

フィジー英語留学体験

4年ほど前、南国の楽園「フィジー」に英語留学をした事があります。
フィジーはまさに南国の楽園の様な場所で、美しい島々や海、暑いけどカラッとした気候、親しみやすい人々など良い思い出がいっぱいあります。
英会話の初心者にはフィジー英語留学は本当にいいと思います。
ただ、英語を欧米人とのビジネスで使おうと思って留学するには少し難があります。何故なら、フィジー英語は独特の訛りがあり、欧米人と話すほどの会話力を身に付けようと思ったら相当頑張らないといけない様に感じるからです。でも、英語が母国語でない東南アジアの人たちと話すには十分かもしれません。
なぜそう思ったかというと、この留学中に欧米人と話す機会がありましたが、なかなか聴き取れませんでした。でも、この後、東南アジアに行く機会があったのですが、この時は思った以上に会話が出来て嬉しかったのを覚えています。
英語初心者が、日本語が通じない場所で英会話の練習をすると考えた時には本当に良い留学先だと思います。